カジノ映画のベスト&ワースト3

みなさん重ねてこんにちは。島田です。今日はカジノ映画についてお話ししましょう。カジノが舞台になった映画をご存知ですか。カジノがテーマの映画は、文字通り100万作以上ありますが、この記事では私が特に好きな3作と、個人的に最悪だと思う3作を紹介したいと思います。用意はいいですか、さあ始めましょう。

まずはベストの3作です。個人的に第1位は(イタリア語で言うならヌメロ・ウーノは)『カジノ』です。この映画は1995年に公開されました。監督は世界的に有名なプロデューサーであるマーティン・スコセッシです。主役はロバート・デ・ニーロで、この役はおそらく彼以上の適任はいないでしょう。準主役は、ジョー・ペシです。彼は演技力がかなり高い割に、出演作が少ないのが残念です。ここでネタバレをするつもりはありませんが、一言だけ言うとすれば、この映画は従来のマフィア映画とは比較にならない作品だということです。この映画は非常に情熱的で、ストーリーもとにかく素晴らしいです。まだ観ていなければ、ぜひご覧ください!

カジノ映画の多くはアクション映画ですが、アクション映画でジェームズ・ボンドのシリーズよりも優れた作品があるでしょうか?その中にエージェント007がカジノで大冒険を繰り広げる『007 カジノ・ロワイヤル』という作品があります。実はこの映画は、イアン・フレミングが初めて書いたジェームズ・ボンドの本が原作となっており、その時点からボンドとカジノの間には強いつながりがあったというわけです。本作の主役はダニエル・クレイグで、悪役はデンマーク出身のハンサムな俳優、マッツ・ミケルセンです。アクション映画が好きな方には特にお勧めの映画で、銃から女性まであらゆる題材が登場します。

第3位は『オーシャンズ11』です。ジョージ・クルーニーがギャングの頭領を演じているのですが、ブラッド・ピットとのコンビが素晴らしいです。この映画にはアクションとミステリーの要素が含まれており、最初から最後まで目が離せません。

ではここからワースト映画についてお話します。人によって好みが違うので、特定の映画を批判するのはあまり気持ちの良いことではありませんが、ここでは私が良い印象を受けなかったカジノ映画をご紹介します。

まずは『オーシャンズ8』です。『オーシャンズ11』が素晴らしい映画であることはすでにお話ししました。しかし連作の映画にはよくあることですが、1作目の素晴らしさに比べて、2作目、3作目は面白みに欠けるのです。『オーシャンズ8』はシリーズ4作目だったと思います。主演女優は私の好きなジュリア・ロバーツなのですが、この映画ではどうも違和感を覚えるのです。IMDbのファンも私と同意見の人が多く、シリーズ中最も評価の低い作品となっています。このシリーズの続編が作られないことを心から願っています。

ワースト第2位の称号は、『カジノ・ハウス』という映画に贈りましょう。この映画は2017年に公開されたウィル・フェレルが主役のコメディー映画でしたが、私は全く好きになれませんでした。ネットであらすじを読むかぎりとても面白そうなのですが、いざ見始めるとどうもしっくりせず、私はどこが面白いのかわかりませんでした。ウィル・フェレルは好きだし、演技も面白いのですが、なぜかこの役ではすべてわざとらしいのです。もしこの映画を見るつもりなら、後悔するかもしれないのでやめたほうが良いでしょう。

最後は、アダム・センドラーの『アンカット・ダイヤモンド』です。この作品も、ストーリーに入り込むことができず退屈させられました。私は、彼が主演の映画はとにかくすべて嫌いなのですが、この映画もやはりそうでした。この映画は一言で言うと、自分のキャリアを取り戻そうとしたセンドラーが、結果的に大失敗するというストーリーの映画です。

Liked Liked